占い師名鑑 > 神谷奈月(カミヤナツキ)

修験道の家系であり、神霊師の祖父の影響と家に祀ってある多くの神仏の影響により、霊性が開花する。幼少期から家に訪れる相談者や、祓い・祈祷の現場を見て育ったせいか、慣れ親しんだ感覚と必要な出来事の流れによって、荒行始め、頭角を現し、その力は神童として扱われた。占いは、個人的に惹かれていたタロットカードを独学で中学生の時に始める。高校に入った頃には、身の回りの人や、紹介、口コミで頼まれた人達の悩みに向き合い、占いを使った悩み相談を始める。その後、視える波動やビジョンなどをタロットリーディングやダウジングに織り交ぜ、独自の鑑定法をあみだす。

【占術】東洋占い
【主な活動】

『人道 現代を豊かに生きる為のスピリチュアル』を出版(2016/8 ギャラクシーブックス)癒しフェアなどのスピリチュアル系イベント、地域貢献による東濃フェスなどのイベントに出店。多くのイベントの出店の経験から、東濃フェス実行委員を務め、実行委員兼占い師として、ケーブルTVに出演。また三元命運研究会の卜占術講師になり、タロット講座やセミナーを行う。企業からの依頼により、恋愛コラムの執筆なども務めている。

【先生からのメッセージ】

本占術を通じることで、自分の天命を知り、向き合うことや、意識を変えていくことによって、より良い人生を構築していけるきっかけとなれば幸いです。

トップへ戻る