占い師名鑑 > 名都王紅花(ナツオベニカ)

中学時代にタロットを手に取ったことをきっかけに占いを学び始める。人並み外れた行動力を持ち、学びに没頭する性分であったことから、学生時代の内から既に周囲が驚くような実力を身につける。鋭い判断とその正確さには定評があるが、その実は時に占いに植物の要素を取り入れるなど、柔軟性も併せ持つ稀有な占い師である。どんな難題もズバリ解答を示し導くことが評判となるも、さらに広い視野を持つ為、と一度は会社員経験を積むことを決意する。その経験を経た現在は、日々相談者の悩みを解消しつつ、後進の育成にも力をいれている。著書:「幸せの羅針盤」等。

【占術】
【主な活動】

【先生からのメッセージ】

現在はありません

トップへ戻る