占い師名鑑 > 吉元鑑織(ヨシモトアオリ)

吉元宗家3代目。鑑定歴37年。改名しても良くならない人がいる原因を言及すべく、自らの改名を行い、大凶陰陽の配列を実験し、姓名が及ぼす作用を確証立て占術を確立。画数の配列に同格同数理論を取り入れ、生年月日にて運勢の状況にあわせた命名・改名を行う特徴を持つ。吉元式線優株式会社を設立し学長としてセミナーや内弟子の育成と研究・鑑定に取り組むかたわら、海外からも学べる通信教育のシステムを導入し、師範科プログラムを完成させる。著書を出版し、吉元式線優宗家と改め現在に至る。テレビやラジオ、雑誌にて取り上げられるなど、メディアの注目も高く、Wikipediaに掲載されるほどの実力を持つ鑑定士である。

【占術】姓名判断
【主な活動】

■著書・『吉元式新しい姓名判断』(パレード)・『リアルネーム』(パレード)■紙媒体・『女性自身』(光文社)・『サンスポ』(産経新聞社)■テレビ出演・日本テレビ『ザ! 情報ツウ』・日本テレビ『開局55年記念番組 タモリ教授のハテナの殿堂』■ラジオ出演・有線・ビジネスブックラジオ『当たる運命学の方程式』を語る■WEB・携帯公式サイト『極める吉元姓名』監修・『ヒトメボ』にて「あなたはモテる名前? それとも浮気しやすい名前? 画数で姓名判断」執筆

【先生からのメッセージ】

姓名は一生涯幸福に過ごる様、願いを込めてつけられます。しかし、画数には弱運、強運が必ず有ります。一生一度の人生ですから、正しい姓名鑑定をし安心して頑張れますよう願いを込めて、ご相談に応じております。

トップへ戻る