占い師名鑑 > 松下仁美(マツシタヒトミ)

幼少の頃から、""Something Great""(偉大なる何者か)との対話ができることを自覚する。他にもオーラリーディング・感情リーディングなどのスピリチュアルな能力を持ち、多くの人々を癒し、救ってきた。あるとき、“Something Great”の導きでバリ島へ移住。その後バリ島の僧侶の預言によって自身もバリ・ヒンドゥーの僧侶となり厳しい修行を積む。2015年、その能力の類稀なる高さから、正式にバリ・ヒンドゥー教最高位の僧職である「パンディタ」に認定される。数百年もの歴史を誇るバリヒンドゥー史上、バリ人以外でパンディタになったのは松下仁美とその夫のみである。

【占術】リーディング・レイキなど
【主な活動】

バリでの活動の他にもBali hindu japan(バリヒンドゥージャパン)として日本人僧侶の教育を行ったり、セミナー・講習会の開催など世界をまたに駆けて活躍している。

【先生からのメッセージ】

私を訪ねて来られる方は、ご自分が「悩んでいる」ことを認識されています。それは大切なことですよ。「悩み」の認識があるからこそ、それを「解消」することができるのですから。ネガティブとポジティブ。それはその人の性質や感覚などが影響する思考の種類のことですが、どんな未来を迎えるかにとても重要に関わってきます。ネガティブな方は、頭の良い人が多いように思います。頭が良いがゆえ、つい色んなことを考えてしまう。逆にポジティブな方は感覚で生きている人が多いよう。何ものにも囚われない自由な心。そんな心を持つ人にこそ、未来は無限大に広がっているのです。どうせなら自分らしさを大切に、楽しく生きましょう!

トップへ戻る