占い師名鑑 > マーク・矢崎治信(マークヤザキハルノブ)

千葉県出身。明治時代の実業家で易断家としても著名な高島嘉右衛門(たかしまかえもん)の玄孫(やしゃご)にあたる。幼い頃から神秘的なものに興味を持ち、独学でさまざまな神秘学を学ぶ。テレビ、雑誌、新聞を中心に活躍し、20年以上執筆している毎日新聞朝刊の占いは、あの野田元首相にも「当たっている」と言わせたほどの的中率を誇る。20歳で月刊少女誌 「マイバースデイ」(実業之日本社)に連載を開始し、人気占い師として多くのファンを持つ。西洋占星術から心霊現象の解明まで守備範囲は広く、特におまじない研究に関しては“おまじないブームの仕掛け人”として、時の人に。ウェブ上や携帯サイトなどでも大活躍中。

【占術】天道星氣術
【主な活動】

【先生からのメッセージ】

人は日々いろいろなご縁とめぐり会いながら、毎日を生きております。そしてそのご縁が良いか悪いかは、自分と出会った相手との相性によるものなのでしょう。つまり自分の持つ氣と相手の持つ氣の相性の善し悪しが、そこから先の運命を大きく変えていくのです。この天道星氣術では、貴方の持つ氣を徹底的に解読し、これから先に出会うであろう宇宙をとりまく天道星氣や、出会う相手の氣との相性を分析して、貴方の未来の運命や宿命を解析するだけでなく、氣を操る秘伝の護符や風水を駆使して、貴方にとって最高の氣を導こうとするものです。この天道星氣術によって、貴方に最高の未来とご縁が導かれますように。

トップへ戻る