占い師名鑑 > 林葉直子(ハヤシバナオコ)

占い歴34年。福岡県福岡市出身。 昭和55年、12歳でプロ棋士に。14歳で「女流王将」・「女流名人」を獲得。その後、前代未聞の10年連続「女流王将」を保持。通算17冠獲得「クィーン王将」の称号を得る。将棋漫画「しおんの王」の原作、「とんでもポリス」シリーズ、「キスだけじゃイヤ」シリーズなど小説家としても活躍。11歳で奨励会(日本将棋連盟のプロ棋士養成機関)に入会した頃から、心のよりどころは占いだった。天性の鋭い直感力は、棋力にも占いにも活かされている。現在闘病中のため、先生の対面鑑定を受けることは困難。WEBを通して、悩める人のために力を発揮することを決意した。

【占術】クイーン・タロット
【主な活動】

著書「遺言ー最後の食卓」を刊行。病気療養中のため、活動をセーブ中。

【先生からのメッセージ】

意外な話だと思われるかもしれないけど、将棋とタロットとか占いは似てるところがあるの。占ってもらう人は、どこかしらドキドキしながらも実際は自分の答えがある程度出ていて、でも後押ししてほしいから占ってもらう場合が多いんだよね。明確な答えを決めて、占い師の先生たちに求める。でも、自分の考えと違うと納得がいかず、また違う占い師さんを求めるってこともあるでしょう? そういう場合は自分の直感で大丈夫。この占い師に占ってもらおう、と決めた自分を信じて。それでも納得できないなら、その答えは真実じゃないってことよ。自分に素直に真っ直ぐに生きていれば、真実を選んでいけるからね。

林葉直子のコンテンツ一覧

トップへ戻る