占い師名鑑 > 向井慈空(ムカイジクウ)

1942年生まれ。成田山上総寺住職。医師一家に生まれ、少年期から多くの霊的現象を体験する。自らも医師を志し東邦医科大学に入学するが、その後、建築家を目指し法政大学に編入。大学卒業後、宗教とは無縁の建築家として様々な設計・建築に携わっていたものの、守護仏の声を聞く奇跡的な体験をきっかけとして、宗教的活動を始める。以後、現在まで住職・霊能者として、元大臣・医師・芸能人などに多数の信者を抱える。著書に「仏界・霊界・人間界-霊障からの脱出」(勁文社)「霊界の絆」(海風社)など。

【占術】東洋占い
【主な活動】

【先生からのメッセージ】

“生きる”ということはどういうことか。それは決して難しいことではありません。必ず救いはあります。目の前に。しかし、我々はそれに気づかないだけなのです。「救い」はどこにでもあり、手をちょっとでものばせば掴み取れるものです。私は救いに気づいてもらいたいのです。この鑑定がそのささやかな一助になれば、と願います。

トップへ戻る