占い師名鑑 > 阪香季(バンコウキ)

中国占術研究家 和歌山県の高野山に生まれる。仏教に縁を持ち、幼いころより人間の運命に関心を抱く。日本で易道学校を卒業後、単身中国に渡り、中国占術界の大家である張耀文氏のもとで修行。紫微斗数、四柱推命、断易、六壬神課、奇門遁甲、家相、手相、人相、あらゆる中国占術をマスターする。広尾に事務所を構え、現在まで40年にわたって個人から企業まで幅広く鑑定。芸能界からも多くの相談が寄せられている。地方からも鑑定依頼があり、現在も全国各地を飛び回り、人々を幸福へ導いている。

【占術】四柱推命/姓名判断
【主な活動】

広尾での対面鑑定の他、依頼があれば日本全国の相談者のもとへ駆けつけ、鑑定を行っている。

【先生からのメッセージ】

人間は誰しも希望が有りそれを少しでも叶えられる様に努力する訳ですが、まず自分の本質を素直な気持ちで見きわめ効率の良い生き方を願います。人生の灯台守として、暗い道を歩むより明るい道を進んで戴くことを願っています。

トップへ戻る