占い師名鑑 > ビギー・ネプテューン(ビギーネプテューン)

占星術師、ライター、古代料理研究家、ひみつの恋愛研究所所長。ネプテューン(海の神の名前)は洗礼名。10代の頃、当時、占星術界の第一人者として活躍していた故初代「錢天牛」氏から「私より占星術師に向いている」と予言され占星術の世界に足を踏み入れる。西洋占星術、タロット、オラクル・カード、ペンデュラム、ルーン、バグア風水などの占術を用いて、25年間で述べ2万人以上を鑑定してきた実績を持つ。その天性の霊感から導き出されるメッセージは、今もなお多くのクライアントの信頼を集め続けている。カタログハウスwebサイトでは、得意の料理の腕を活かして「マジカルフード・プロデューサー」としても活躍中。

【占術】西洋占星術
【主な活動】

【先生からのメッセージ】

皆さん、こんにちは。ビギー・ネプテューンです。アストロロジー(西洋占星術)では、今、「水瓶座の時代=New Age」に入りつつあります。そして、新たな時代のテーマは「波動とヒューマニティ」。「波動の時代」は電気・通信の発達で、「ヒューマニティの時代」は人類愛に満ちた平和な時代という意味です。しかし、人類愛の時代が実現するためには、まず私たちの魂の浄化が不可欠です。私たちの魂は肉体と言う「アバター」を替えながら何度も何度も生まれ変わり、今、またこの地球に生まれています。その目的は「魂を磨く事」。このサイトとの出会いが、あなたの魂の進化にとって役立つものでありますようにお祈りいたします。

トップへ戻る